頬の大人ニキビも目立ちますが

頬の大人ニキビも目立ちますが鼻の大人ニキビはもっと目立つかもしれません。俗に鼻ニキビと呼ばれていますが、鼻ニキビは他の大人ニキビとはその原因となるものが少々違うようです。人が顔の中でよく触るのは鼻だといわれています。自分の胸に手を当ててみるまでもなく確かによく触るのは鼻であることは間違いありません。

それが大人ニキビとどう関係してくるのかというと、手で触ることで細菌がつくことでターンオーバーが崩れることが要因とされています。それと鼻は太陽光に当たることが多く紫外線の刺激を一番受けることも一つの要因とされているのです。ですから、鼻の頭を見るとわかるのですが、顔の他の部分と比べても毛穴が大きいのははっきりと見てとれます。

ですから、普通に考えても鼻には大人ニキビができやすい要素が数多くあるのです。毛穴の大きさはスキンケアをすることで解消することもわかっています。大人になってからは新陳代謝が衰えて毛穴も容易に縮まなくなるかと思いますがそれでもケアは大事ですのでしっかり行いましょう。

また鼻をむやみに手で触るのは控えたほうがいいのは間違いありません。でっぱっているだけに鼻は不衛生になりがちです。ですから清潔に保つように普段から気をつけることが肝心といえるでしょう。また、鼻の下などはやわらかくできていますから、皮脂がたまりやすい場所でもありますし、目立ちますから鼻下も十分に気をつけたほうがいいです。

ニキビができる原因はアクネ菌

ニキビができる原因はアクネ菌なので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を何人かで共有していたり、肌が直に触ってそのまま洗わなかった場合などに、他の人のニキビがうつる恐れがあります。また、手で自分のニキビを触って、顔の他の場所に触れると、ニキビがその場所に増えてしまうことがあります。女性によくみられるニキビの原因のひとつとして女性ホルモンの調節機能の乱れが考えられます。ホルモンの乱れは、ストレスが原因となってすぐに乱れがちということがわかってきました。また、中でも生理前は女性ホルモンに大きな乱れを生じさせます。生理前のニキビ発生に悩まされる女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのです。


私が20歳のこと、背中の痒みがひどく見てみると数えきれない吹き出物ができていたんです。
すぐに皮膚科に行きました。すると、ドクターから、「診察結果はニキビです。


原因は栄養分の偏りなんですが、脂っこいものばかりの食事になっているんじゃないですか」と通告されてしまいました。チョコがどの食べ物よりもニキビができやすいそうです。

ニキビをあらかじめ予防したり、出来たニキビを正しく改善させるには、栄養バランスのしっかりと取れた食事を摂っていくことが重要です。



野菜を多く摂るように心がけることは極めて大切なことです。


野菜はビタミンミネラルが豊富ですから、それらをしっかり意識して摂ることが一番理想です。


ニキビというのは、若い子たちが使う言葉で、20歳からはニキビではなく吹き出物といわなければならないなんていう話をよく聞きます。ちょっと前に、何年ぶりかで鼻の頭に大きな吹き出物ができてしまったので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、言われました。未成年の頃、チョコやスナック菓子をたくさん食べると翌日にはニキビになっていました。食べ物がここまで影響するんだ、と体感したものです。
それから、年齢を重ねるとともに食生活にも注意するようになり、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。その効果かニキビもすっかり現れなくなりました。
このごろ、重曹を使ってニキビケアができるとよく耳にします。



弱アルカリ性の重曹には油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴の汚れや角質を取り除くことができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。ただ、研磨効果のある重曹が含まれた洗顔料だと肌を傷つける可能性もあるため、注意を払いながら試す必要があります。


普段から、顔を洗って清潔な状態にしていても、ニキビが防げないことは誰しも感じることがあるでしょう。
このニキビの予防法には、清潔にするため洗顔などに気を配るのはやって当然ですが、バランスよい食事や十分な睡眠といった健康管理も大切だと思います。なぜニキビが出来るのかは、必要以上にホルモンが出てしまうことそれが理由だと言われています。

ですから、伸び盛りにニキビになることが多いのです。豊富にあります。


規則正しい睡眠時間です。


これは、健やかな生活に繋がります。 色々試してもニキビが治らない際は、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアがしなければなりません。
ニキビが一向に治らないのは、体内のホルモンバランスが一定でなかったり、暴飲暴食、合わない化粧品が肌に負担をかけているなど、様々なことが原因として挙げられます。



慢性的なニキビの理由に正面から向き合い、その原因にあった方法でケアをしましょう。