様々な原因によって

様々な原因によって大人ニキビはできてしまうのですが、大人ニキビの原因が食生活にもある場合もあります。たとえば食べ過ぎによって、大人ニキビができやすい体になるということはわかっています。肥満体型の人をよく見てみると大人ニキビが多いことに気がつく人もいることでしょう。それは食べ過ぎによる栄養過多によるものであることは間違いありません。

ニキビは皮脂が分泌される際に毛穴が詰まることで起こります。そうなると皮脂が多くなるとニキビができやすいというとてもわかりやすいことが考えられるのです。そして食べ過ぎによって、栄養過多になり、皮脂がたくさん分泌されるということになればその根本的な原因は食べ過ぎによるものということがよくわかるでしょう。

また、必ずしも食べ過ぎによる場合だけではありません。社会人ともなると日々忙しさの中で生活をしていますので食についての考え方が雑になる場合もあります。それはコンビニ弁当で食事を済ませてしまったり、外食が多くなってしまうことで栄養のバランスが崩れてしまうことにもその原因があるのです。

ですから食べ過ぎによることで栄養を取りすぎるのも大人ニキビにはよくありません。一番いいのはバランスです。なんでも幅広く食べて栄養のバランスを損ねないようにするのが大人ニキビ対策には欠かせない重要なものとなるのです。その中でも食物繊維やビタミン、亜鉛などは積極的に摂取していきたいものですね。

ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか

そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。


実は、ニキビには潰して良いものと潰してはいけない状態のニキビとがあるのです。
潰して良い状態のニキビは、肌の炎症が落ち着いてきて、中の膿が白く盛り上がった状態のニキビです。

このニキビの状態とは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、針や専用の器具等を使うなどすれば、潰してしまっても良いでしょう。


私自身、ニキビ予防に効く飲み物は、まだありません。しかし、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激してしまうので、控えた方がいいということです。ニキビと肌トラブルは同じではありませんが、お肌のために悪い事をすると、ニキビを悪化させる原因にもなりかねないのです。
昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、治療をしてもらうことにしました。
医師から、薬を処方するので、塗布して下さいと伝えられ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。



ステロイド系の薬はすぐに効果が現れますが、刺激があるので、患部が改善してきたら塗る間隔を僅かにしないと駄目なそうです。



ニキビを防ぐために、私は毎朝、果物を食べるようにしています。
その季節の旬の果物をどんなことがあっても食べています。
食事でフルーツを摂取するようになってから、肌を称賛する人が多くなり、生理前でもニキビが現れなくなりました。お通じが改善されたことも、ニキビができなくなった原因の一つと推測できるかもしれません。

ニキビを作らないようにする上で大切なのは、菌がつかない環境をつくることです。
ファンデーションのパフに皮脂等が付きっぱなし、枕カバーを長年洗っていない、手で直接肌に触るといったことは、お顔に菌を塗っているようなものです。
普段から清潔を保てるように気を付けましょう。実際、ニキビがおでこにできてしまうと、どうしてもつい前髪で隠すことばかり考えてしまいます。



ですが、その様な行為は悪化してしまう行為ともなるので、できるだけ前髪で隠すといったことはせずに髪がニキビに触れることがないように刺激を与えずにいることが重要です。


ニキビがひどくなって炎症をおこすと、顔を洗おうとした時などに少し指で触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。

ですから、炎症を起こしている場合は、気になったとしても指で触ったりすることは絶対にやめてください。指で触ると痛いだけではなく、雑菌が指から入って、もっと炎症がひどくなることがあります。ニキビが繰り返されるときは、単に一般的なニキビケアをするのではなく、原因を突き止めた上で最良の治療をしていかなければなりません。
ニキビが一向に治らないのは、ホルモンバランスが正常でなかったり、食習慣が乱れていたり、化粧品が肌に合っておらず、それが原因となって毛穴が詰まってしまっているなど、原因は一概には言うことができません。繰り返されるニキビの根本的な原因を知った上で、あなたに一番合ったケアをしましょう。


ニキビが出ると潰してしまうのがほとんどです。
潰すと跡が残るからだめだ、というのがよく言われていることです。



早急に治すには、ニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。潰したニキビ跡にも効能があります。顔を洗って、化粧水・乳液をつけて、ニキビのところにだけ薬をつけます。
顔以外で、思わぬ場所でニキビができやすいところは背中なのです。背中は自分で見えないので、背中にニキビができても、気づかないこともあります。
でも、背中のニキビもニキビケアを怠らずしなければ跡になってしまいます、注意しましょう。